×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

禁煙方法、喫煙のデメリット、厳選の禁煙グッズをご紹介。今流行の良品電子タバコも取り揃えております。禁煙するなら「禁煙の店」で。


禁煙まず始めに行うこと・考えること。

喫煙の理由は人それぞれあります。しかし、「タバコが美味しい」と感じながら吸っている人は、実際の所あまりいません。初めてあなたがタバコを吸ったとき「美味しい!」と感じましたか?私がカウンセリングしたるお客様に、「タバコは美味しいですか?」と尋ねても「美味しい」と答える方はほとんどいません。(今のところ一人もいません)それでは、なぜタバコを吸っているのでしょうか?しかし吸い出したら止められない・・そう!ご存知のとおり、「中毒」です。この中毒を引き起こしている原因が「ニコチン」そして「習慣」です。

「ニコチン中毒性」

ニコチン中毒性

ニコチンは中枢神経のドパミン神経系、特に脳内報酬系を活性化させるため、摂取後に一時的に快の感覚や覚醒作用を得らる、覚醒剤やその他の麻薬と同様の依存性をもたらします。
摂取していないと、平常心を保つことが出来ない/落ち着かないといった精神状態になります。
体に良いものの摂取ならば良いのですが、覚醒剤同様、早死、発癌性を高めるなどと、体を徐々に滅ほす毒であると、今日の科学では立証されています。
「朝起きてタバコがないとイライラする」などニコチン中毒者が高い人の一例です。

「習慣性」

ニコチン中毒性

人間は日々、体/脳を勉強させています。そういった生活の中から知識が脳に蓄積され、「こんな時は、こうすると良い」と深く考えることなく行動できる、それが「習慣性」です。
「朝起きたらテレビをつける」など人それぞれ習慣があります。その習慣リストの中に「タバコは、リラックスしたいとき」と脳にインプットされてしまうと、当たり前にその行動を、無意識にとってしまいます。 いつも行っている「当たり前」が無くなると脳/体は、それを阻止しようと過剰に反応します。それが、「習慣性」の一番の大きな壁です。

この二つを克服するためのに禁煙には、いくつかの方法があります。しかし一番重要なのは、止めたいと思うその意思が一番大事です。 いつでも「自分はタバコが止めたいんだ」と言うことを、認識しましょう。

タバコの害

また、あまりタバコを吸わない方は、「明日からタバコを一切吸わず、いつもタバコを吸いたくなったら、暖かいお茶または水を飲んでください」。そうすることにより、徐々にタバコが無い生活に慣れていくでしょう。しかし一般的な喫煙者にこんな方法をオススメすると「どこが簡単なんだ!」と怒られてしまいます。まずは少しずつ「減煙」を行いニコチン中毒を抑え、「喫煙」を「あなたの人生の習慣リスト」から消去しましょう。

最近では、テクノロジーの発展により、禁煙グッズ業界でも、「電子タバコ」「禁煙草」などの画期的な商品が販売されておりますので、あなたの「禁煙生活」を多いに助けます。しかし、無理の無い禁煙を行ってください。

禁煙を行うにあたって一番危険なのが、「失敗」です。人間は一度失敗したことに恐怖心を抱き二度目の挑戦に大きな「壁」が出来てしまいます。その「壁」が、あなたを「禁煙成功」から遠ざけてしまいます。まずは自分に無理の無い「出来ること」から行っていきましょう。

喫煙の害禁煙は意思さえあれば簡単です。タバコの数を減らし、最終的には「禁煙成功」です。あなたは、一日に何本タバコを吸っていますか?まずは自分が一日にタバコを何本吸っているかを知り、毎日どこかに記載しましょう。減っている数が目に見えると、自分に自信がつきより「禁煙」に励めます。しかし、いきなり数を減らせと言われても、それではストレスが溜まる一方です。しっかりと禁煙を行うためにもグッズに頼りましょう。厳選禁煙グッズページにて、現在禁煙に大きく働くとと考えられている方法をご説明しております。もちろん近い将来、より優れた「禁煙グッズ」が増えてくるはずですので、「禁煙の店」では、いつも皆様に良い「禁煙方法」、「禁煙グッズ」を紹介していきたいと思います。また、随時禁煙成功者の声を募集しておりますので、禁煙を成功された方は、こちらのフォームより、禁煙成功談をお送りください。


●当サイトはリンクフリーです。皆様と一緒に禁煙をより広めていけたら嬉しいです。
バナーをご希望の方は下記のものをご使用ください。相互リンク等のお問い合わせは、こちらののフォームよりご連絡ください。

禁煙の店

禁煙の店